債務の整理の手順

任意整理というのは一般的には負債の整理というふうにも呼ばれていて各お金の貸し手に返済を継続していくことを選択する債務の整理の手順なのです。

http://jibunnews.blog.shinobi.jp/

実際の流れですが、司法書士の資格者それから弁護士有資格者債権を持つものと債務者の中に立って示談をして、利息制限法に従い利息の適用し直しを実行して再度計算した借入金の元金に対する金利を減額する形で3年くらいの時間をめどに返済を行っていく債務整理対策です。

 

任意整理には各裁判所などといった国の機関が手出しすることはないのでこれとは異なる方策と比べたときに、利用したときのリスクが小さく方策も借金をしている人にストレスになることがないのでまずここから比較考慮したほうがよい方法といえるでしょう。

 

さらには、お金の貸し手がサラ金といったような法外な年利であるなら利息制限法で定められている貸出金利以上に払った金利分については借金の元金に充当できるとみなされもととなる元金自体をカットすることも不可能ではありません。

 

ですから、ヤミ金のようにとても高い年利のところへ長期間返済し続けている場合だと予想以上のお金を減らせる可能性もありますし10年以上続けて返してきた例では借金自体がなくなる可能性もあります。

 

債務の整理の利点とすると破産申告とは違ってある部分だけの負債だけを処理していくことになりますので他に保証人が付いている契約を別として整理する際や住宅ローンの分を除いて手続きしたい際などでも使うことができますし築き上げてきた財産を処分することが求められていないため投資信託やマンションなどの自分の資産を保有していて放棄したくない状況でも有力な選択肢になる債務整理の方法といえるでしょう。

 

しかし、これから返済していく額と実際に可能な所得額を検討しておおむね返済が見通せるようである場合は任意整理の手続きで進めることは問題ありませんが破産申告とは違い返済義務そのものが消滅するということではないため額がだいぶあるような場合は任意整理の手続きを実行するのは困難だということになります。