破産申告とは違う

任意整理とはよく負債の整理というふうに言われ貸方に対し債務の返済を続けていくことを前もって決めた借金を整理していく形となります。

 

実際の手続きでは債務処理経験のある司法書士または弁護士の資格を持つものお金の貸し手とあなたとの間に立って、利息に関する法律によって利息の再適用をして新たに計算しなおした借金の元金に対する利息をカットしたことで3年ほどの期日をめどに返済する債務の整理の方法です。

 

この任意整理には簡易裁判所などの国家機関が処理しないためそのほかの選択肢と比べると、手続きを行ったときにおけるデメリットとなる点が少なく、方策は依頼者に一番頭の痛い問題がないため一番初めに検討してもらいたい手順といえるでしょう。

 

貸方がヤミ金のように法外な利子だった場合は、利息に関する法律で定められている利子を超過して払い込んだ利息分に関しては借りたお金の元金に充てるとみなされ元金それ自体を減らすことも不可能ではありません。

 

ヤミ金に類するとても高額な利子を取る業者へ何年も返しているケースだと一定の額をカットすることができる可能性もありますし、10年以上返しているケースだと負債自体が消滅する可能性もあります。

http://blog.livedoor.jp/gosen5fountain/

任意の整理の良いところについては、破産申告とは違いある部分のみの借金のみを整理していくことができますので、連帯保証人がいる借金以外について整理をする際や住宅ローンの分以外だけを処理していく場合等においてでも検討することもできますし、築き上げてきた資産を放棄してしまうことは求められませんのでマイカーや住宅などの自分名義の資産を所有しているものの放棄したくない場合などでも選択肢になる債務整理の手続きといえるでしょう。

 

しかし、後々の返済金額と現実として可能な可処分所得を比較検討し、適度に返済の目処が立つのであれば処理を進めることに問題ありませんが破産申告と異なり返済義務が消滅するというわけではありませんので金額がだいぶある場合においては実際問題として任意整理で手続きを進めることは難しいということになるでしょう。