ナンピンの理屈

どこにでもある外為取引のテキストでは「差損が生じた場面ではナンピン買いをしてポジションの平均を買い付け価格を抑える」等説明されていたりしますが、正直ここには相当大きなリスクがあると考えます。

 

まずはじめに、ナンピンのロジックについて易しく述べます。

たとえば、1ドル=100円でドルを買ったとします。

 

$(ドル)買いなので円安になれば黒字が出ますが95円までドル安方向に向ったとします。

 

このまま持ち続けたとしたら損失が回復するまでには、ドル安になった分円安に進む必要があります。

 

誰もがみんな、損は可能な限り早く取り戻したい願うだろう。

 

ここではじめに買ったのと同額のドルを、1ドル=95円で売買します。

 

それで、平均の買い付け価格は1ドル=97.50銭まで安くする事が出来ます。

 

すなわち、2円50銭の幅で円安が進めば損失を失くすことが出来ます。

この流れがナンピンの理屈です。

 

こういうふうに、ナンピン買いの手法を聞くと「もっともだ」と考えるが、そう簡単に思うようにはいきません。

 

だいたい、95円が底値だということなど、誰も分かりません。

http://o0q0w88f77.exblog.jp/

例として、外国為替市場がドル安の流れだとすると、1ドル=95円では収まることなく円高にいく危険性は高くなります。

 

一例として、1ドル97.50円でナンピンをするとしても、95円までドル安に向ったら、ナンピン買いを入れた分についても、損が生じることになってしまうのである。

 

そういう状況では一番初めに買ったドルとあわせて、更なる差損を被ることになる。

 

それほど、ナンピンは一筋縄でいきません。

 

それでは、マーケットが自らのストーリー展開とは別の方向にすぐに向う場合、どういった対応で危険の確率を避ければいいのでしょうか。

 

そこで取るべき方法は2つしかありません。

 

まずはじめは潔くあきらめて損を確定する事です。

 

もうひとつは、その時点で、自分か保有しているポジションを縮小することによって再度相場が回復するのを何もしないで待つことだ。

 

相当受動的な手段だとみる方もいるでしょう。

 

だけど、持っている買いポジションにマイナスが生まれた場合最も効果のある手法はこれ以外にはありません。

 

無論、ロジックとしてはナンピン買いをしてみる術もありえます。

 

しかしナンピン買いは自分か損失を出している場面でポジションを減少させるどころか、それとは反対に買いポジションを積み増していく手法です。

 

それでは、危険性を管理することなど、どうやっても不可能だと思うべきです。

 

ナンピン買いをし続けられればその内損を取り返せるかもしれません。

 

だが、そうなる前に投資資金はショートしてしまいます。